会社概要

沿革

日本卸電力取引所は日本における電力自由化の流れのなかで設立されました。

2003年11月28日
法人登記
2004年08月01日
事務所(東京都港区芝浦)を開設
2005年04月01日
電力取引(スポット市場・先渡市場(先渡定型商品)・掲示板市場)開始
2006年06月19日
先渡市場に、月間商品に加え週間商品を追加
2008年01月01日
近接性評価割引額等の還元制度の導入
2008年06月16日
受渡システムの導入
2008年11月17日
グリーン電力の卸電力および京都メカニズムクレジットの試行取引の開始(分散型・グリーン売電市場に継承)
2009年04月06日
先渡市場商品の取引開始
2009年09月01日
スポット市場の求償ルールの改定(エリアの売り約定総量の3%上下)
2009年09月28日
時間前市場の取引開始
2011年03月14日
東日本大震災に伴う電力需給ひっ迫により、スポット市場東京エリアの取引を停止(2011年5月31日まで)
2012年06月18日
分散型・グリーン売電市場の取引開始
2012年06月20日
時間前市場の取引目的要件の緩和
2013年02月25日
スポット市場に売りブロック入札を導入
2013年04月01日
先渡市場昼間型商品の受渡時間を変更(8~22時を8~18時に変更)
2013年06月03日
平成25年夏季広域融通入札市場を開設(2013年9月30日まで)
2013年07月01日
先渡市場取引に年間商品を導入
2015年06月01日
決済・預託金制度の変更
2016年04月01日
4時間前市場を閉設 1時間前市場を開設
2016年04月01日
託送制度変更に伴うインバランス料金算定に係るα値の計算開始
2016年07月01日
スポット取引締切時刻の変更(9時30分を10時に)
2016年08月02日
スポット取引におけるブロック入札上限数の撤廃(事前登録制)
2017年06月06日
スポット市場に買いブロック入札を導入
PageTop